Blog

店舗 棟上げ

 

既に4月も半ばに差し掛かり、2週間後にはGWになります。

早いですね。今年も…あっという間に4か月が過ぎそうですよ。

本日は、店舗付住宅の棟上げ模様をお知らせ致します。

IMG_2267

1Fだけで、1日は終了してしまいます。

敷地を最大限に利用していますが、ほんとうに大きいです。

IMG_2265

1Fが土間になっていますね…最近は、非常に多いのが土間仕様

ガレージ等が増えています。しかも、評判がかなり良い!

IMG_2262

日も傾いていますが、2Fはまだまだこれから…

とはいかないので、明日の工事となりました。

出来上がりが楽しみな現場ですが、少しずつ変化していく日々の状況を

これからも、お伝えさせて頂きます!

復興

昨年の4月、福岡でも大きな揺れを感じた熊本での震災

携帯の地震速報の異音は今でも耳に残っています。

あれから、1年が過ぎようとしています。

阿蘇方面は、まだまだ、道路事情も普及までは程遠いですが、

少しずつ前進をしています。

IMG_6689

一心行の大桜

約400年の樹齢があるらしく、高さ14m、幅26m

もともと、この地を治めた武将 中村惟冬をのお墓の菩提樹とのこと。

IMG_6731

福岡では、満開から大雨でかなり散っていますが、

阿蘇は、気温が低いせいか今が満開でしたよ。

IMG_6850

この日も、まだ道路事情も悪い中、多くの来場客があり

この大桜を楽しんでいらっしゃいました。

大きなダメージを受けた熊本地方ですが、この大桜、400年の歴史を

見てきていると思います。日々、着実に復旧、復興への道を進んでいますが、

1年、あっという間の時間、日々の時間を大切にしたいものです…

2700

先日は、Panasonicのshowroomで新商品発表会に

参加してきました。

雨の中、多くの見学があり、どの会社様も熱心に質問等

なされていらっしゃいました。

今回、最も興味がありましたのは、内装のドアです。

DSC00343

色の種類も増えており、バリエーションが多彩になって

いまいたので、お客様の選択幅が増えています。

更に、ドアノブも…

DSC00346

ずいぶん進化していますね。価格も進化していました(笑)いや、退化かも!

ちょっと、お高いのも仕方ないのかもしれませんね。

そして、最もインパクトがあったドアをご紹介致します。

DSC00349

あまりにも大きくてわかりずらいのですが、高さが

2,700

一般住宅の天井の高さは、2,400~2,500ですが、このところ天井高が

2,700に設定する会社、少しずつスタンダードになっています。

その対応商品が、この2,700高のドアです!

ほんとうに大きいドアでしたよ。このドアが使用された空間を

みてみたいものです。

ショールームでも、1Fでのディスプレイ商品でしたが、

2Fや3Fには、運べなかったらしく…

弊社でも、採用検討をして、少しでもお客様に喜んで頂ける提案を

行っていければと思います。

中央区 棟上げ

先日、中央区で棟上げが行われました。

今回の特徴は、大きな中庭が共存している点です。

RIMG4669

奥がその部分になりましが、壁は高く立ち上がっており

防犯にも配慮されている間取りともいえます。

RIMG4672

この段階まであっという間でした。

RIMG4667

さすがに中央区、建築途中の配慮は地方部に比べると

かなり準備周到にする必要がありそうですね!

RIMG4683

天候に備えて、養生をしています。

これから数日、雨予報ですので、しっかりと対応させて頂きます。

現場の進捗具合、レポート掲載、お楽しみに!

リノベーション

先日の掲載で、ロケーションの良い建物のご紹介

をさせて頂きました。

いよいよ、完成の運びとなります。

IMGP0157

階段は、鉄骨階段

最近は、かなりの頻度で鉄骨階段が使用されているそうです。

開放感が全く違います。

IMGP0150

吹き抜けとの連動で更に開放的空間に

IMGP0155

室内からの眺めもこのロケーションですので

天気が良い日は、気持ちが良い眺めが広がりそうです。

IMG_0755

室内も落ち着いたクロス等を使用されており

全体的に、特徴のある建物が完成しました…

この先、ずっとこの生活空間での時間の流れを

考えますと、本当に、羨ましい限りです!

見学会予定 糸島市

5月中旬に現場見学会を予定している現場状況の

報告です。場所は、糸島市篠原東…

現場は、サイディング工事準備段階です。

DSC00331

内部は、ボード工事が着実に進んでいますね。

吹き抜け部分はまだ階段かかっていませんが…

東南に吹き抜けですので、かなり明るいですよ。

DSC00335

+BOXですので、バルコニーが広いです。

DSC00334

南東方面は、傾斜地で低くなっていますので

圧迫感がなく、開放的な周辺環境です!

DSC00333

あと、1か月ほどで完成四艇となっております。

見学会、1週限定ですが、是非、ご来場くださいませ。

 DSC00336

現場状況、あらためてご紹介させて頂きます。

お楽しみに!

17:00

この時間が、一番悩ましい時間帯

この時間から、長い様で短い残7時間で明日を迎える

DSC00312

officeから徒歩5分 いつもの場所へ

春の陽気でも、夕方は風が寒く感じられる

DSC00313

影が長くなってきているのは、日没が近いことを感じさせてくれる

と同時に、本日はofficeでの時間が長くなりそうだ…

DSC00318

最後は、波の音を感じてofficeへ戻ろう

それにしても、春の17:00… 悩ましい時間帯だ

ゼロキューブ ご案内

気持ちの良いお天気も昨日まで…

本日からは、ぐずついた天候が続く模様です。

先日、天気の良い日に建物案内をさせて

頂きました。筑紫野のベツダイさんの建物を

お借りしました…

DSC00329

シンプルな建物に青空でしたので見栄えもいいです。

DSC00323

ゼロキューブの特徴は何といっても、坪数の割には

開放的な空間。その演出の部分が吹き抜けとなっています。

DSC00324

+BOXは、LDKとの連続開口で広さ25帖ほどの大空間に

なっています。デッキもアウトリビングの役割ですので

合理的な間取りになっており、いまだに人気の間取りです。

DSC00326

今週末も見学可能とのことですので、是非、ご参考くださいませ。

シンプルな建物は、時代に左右されることのない奥深さがあります。

雑誌紹介 Lightning

春の陽気になってきました。

この時期には、雑誌も新刊が発行されますので、

本日は、雑誌 Lightningをご紹介させて

頂きます。先日のカリフォルニアスタイル同様

アメリカンテイストの記事が殆どで

車、服、雑貨等々の特集が組まれています。

17796704_1312491168843807_7397536806668036816_n

今回の特集の中に、先日、大分での勉強会の建物

WAREHOUSE

が掲載されています。雑多な感じが Lightnigに

合いますね。機会がございましたら、是非、ご参考ください。

殆どの書店で手に取ることができる様です!

桜満開直前ですが、今後の、お天気が心配な4月5日です…

yjimage2JSJOTAH

なんとか、週末での満開の桜を期待したいものです。

贅沢

建物には色々な顔がございます。

外観や内観やこだわりスペース、設備、仕様等々…

その全てを凌駕してしまいそうな建築途中の現場です。

IMG_0745

これが、建物からの眺めです。マンションではないですよ。

特に、天気の良い日は、東区方面の山々までくっきり。

夕方から夜にかけては、更に優越感が味わえそうですね。

IMG_0746

海岸方面は菜の花が絨毯の様です。

IMG_0748

間取りも空間が広く取れていますので、気持ちいいですよね。

本日は、ロケーションの素晴らしいさをご紹介させて頂きました。

最寄駅 下山門駅

弊社は、車でのご来場がほとんどですが、先日、公共機関を

使ってのご来場がありました。

めったにないことですが、弊社のmodel&officeは、駅から徒歩圏内

にございます。7分~8分くらいでしょうか!

DSC00278

乗降客数は、多くはないと推測されますが、やはり天神や博多へ

朝は、多くの方々が乗り降りをなされている様です。

DSC00282

1986年の国鉄時代にできた駅とのことですが、姪浜駅や学研都市駅などの

と比べると多少古さが目立ち始めた様です。昭和な雰囲気ですね~

因みに現在は、桜の話題だけでなく、駅横には菜の花も満開でした!

DSC00280

弊社でのご来場は、車だけでなく、下山門駅からも徒歩圏内ですので

是非、気分転換を兼ねて列車をご利用になられてはいかがでしょうか?

雑誌紹介 カリフォルニアスタイル

本日は、弊社の企画商品住宅が雑誌に紹介されて

いますので、アップさせて頂きます。

今回の雑誌は、「カリフォルニアスタイル」

以前にも、ご紹介をさせて頂いた雑誌ですが、本当に内容が

面白い

17353324_1308507495908841_8420416548877025063_n

もちろん、ゼロキューブ他、商品掲載もご覧いただきたいのですが

アメリカ西海岸の Mid Century Styleは、アメリカだけでなく

世界中どこにでも対応できるワクワク感をもたらしてくれます。

書店で見かけることあれば、是非、手に取ってください!